<< 九州登山情報センター「山の図書館」 九重山開き >>

基山・大興善寺

脊振山地の東端、基山町と福岡県筑紫野市との境に位置する丘陵状の山。風化の進んだ花こう岩質の地形で、山頂は開けた日当たりのよい草原。日本最古の朝鮮式山城跡で、基肄(きい)城趾として国の特別史跡に指定されている
基山頂上(405米)
f0016066_22573414.jpg

頂上は低山ではあるが360度の展望・・筑紫平野の展望
f0016066_2259610.jpg

日本最古の城跡(665年中大兄皇子築城)
f0016066_23034100.jpg

天智天皇欽仰ノ碑
f0016066_2351911.jpg

山頂西斜面は草スキー場になっている
f0016066_2365548.jpg

大興善寺
f0016066_238670.jpg

大興善寺境内
f0016066_2385982.jpg

大興善寺ツツジ園・・・5月中旬にはツツジが山一面に咲き乱れる
f0016066_23102979.jpg

ゴールデンウィーク時期・・・大半が平戸ツツジ
f0016066_11355528.jpg

紅葉の時期も素晴らしいみたいです。
f0016066_11362716.jpg

by kabuto1952 | 2006-06-10 23:11 | 福岡県の山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 九州登山情報センター「山の図書館」 九重山開き >>