そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

福智山縦走と豊前六峰歩きの二日間・・・その1

古来、日本には三大修験道の山がありました。即ち、出羽三山・紀州熊野山と、今一つが英彦山豊前坊を中心にした豊前六峰(英彦山霊泉寺・求菩堤山護国寺・桧原山正平寺・松尾山医王寺・福智山・普智山等覚寺)です。出羽三山・熊野山は先日歩きましたので、今回福智山縦走時に、豊前六峰のうち参拝したことの無い松尾山と普智山等覚寺を歩いてみました。
英彦山豊前六峰配置図
f0016066_10504018.jpg

上毛町西友枝地区の林道からの展望です。松尾山山麓の三社神社入口にある周推定樹齢250年を超える巨木のイロハモミジは見事です。秋深まる頃に訪れてみたい山里ですね。
f0016066_1195367.jpg

松尾山は652(白雉3)年の開基と伝えられ、神号を「松尾山権現」、寺号を「医王寺」と称したが、明治以降は三社神社となっています。阿弥陀如来坐像のある中宮から行者堂、護摩壇を経て松尾山宝塔の復元されている上宮へと歩いて来ました。
f0016066_12253670.jpg

上宮の周囲ではミツバツツジが開花を始めていました。
f0016066_1225565.jpg

京都郡苅田町の山口地区、普智山の中腹、標高約300メートル地点にある「白山多賀神社」は、その昔、山伏たちの修験の霊山で、英彦山などとともに豊前六峰のひとつに数えられた等覚寺一帯の中心で、伊邪那岐命、伊邪那美命、豊玉姫命を祭神とする歴史深いお社で、毎年4月の第3日曜日に千年以上前から続く修験道のお祭り「等覚寺の松会」が有名となっています。
f0016066_12574242.jpg

境内では19日に行われる「等覚寺の松会」の準備がされていました。
f0016066_1258039.jpg

平尾台の青瀧窟には普智山等覚寺の奥の院が設置されています。また以前修験道の修行場になっていた時期もあり釈迦・文殊などの像が発掘されているそうです。
f0016066_12581623.jpg

Commented by sanyuuki at 2015-04-13 20:14
kabuto様、こんばんは
豊前六峰、初めて知りました。^^;
英彦山を中心とした修験の山の範囲は広いものだったのですね。
勉強になりました。
Commented by kabuto1952 at 2015-04-13 21:18
sanyuukiさんこんばんは。英彦山の修験の歴史は本当に凄いですよね。今度は宝満山からの峰入道を歩いてみたいと思っています。井原山を歩かれたみたいですね。沢山の知り合いに遭遇出来て楽しかったことでしょう!!そろそろ雨乞牧場の花々も見頃を迎えますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2015-04-13 14:54 | 福岡県の山 | Comments(2)

by いーさん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30