<< 野焼き後の由布岳登山・・・鹿も... 春景色の三郡縦走路と難所ヶ滝。 >>

明星山登山と岩屋城跡の春景。

土日の二日間で祖母を周回の予定でしたが、雨の降る天気予報になりましたので、残念ながら計画を中止にしました。昼間は晴天の予報ですので何処に行こうかと思案した挙句に、桜の咲いているであろう岩屋城跡で御来光を眺め、「福岡県の山歩き」で未踏の明星山と雌岳・雄岳を歩くことにしました。
炭焼き小屋登山口(9:30)~ひめの新道~明星山山頂(10:25)~沢コース~車駐車地点(11:15)



岩屋城は1586年に島津忠長率いる島津軍と大友軍の高橋紹運との壮絶な攻防戦が繰り広げられて落城しました。豊臣秀吉の九州征伐に対し、秀吉の援軍が到着する前に一気に九州を統一しようと考えた島津軍は、この地に5万の大軍を送り込みます。対する岩屋城の守備兵はわずか736名。高橋紹運は度重なる降伏勧告も拒否し、勇猛果敢に戦いこの圧倒的な戦力差にも係らず、半月もこの地を文字通り死守します。守備兵は全員玉砕、紹運の最後は切腹し腸を相手に投げつけたと伝えられています。かねてより城跡の桜が御来光に染まるのを眺めたいと思っていました。
f0016066_25517.jpg

岩屋城跡からの夜明け前の砥石岳、宮地岳、耳納連山、基山、天拝山、九千部、背振、太宰府市街地の展望です。クリックで拡大出来ます。
f0016066_25516.jpg

桜の満開には時期尚早でしたが、綺麗な御来光を眺めることが出来ました。
f0016066_2352592.jpg

「ダイヤモンド愛宕山」です。朝日が宝満山頂に昇るのを眺めてみたいですね。
f0016066_2354499.jpg

朝日が照らす桜と慰霊碑からの背振山の展望です。
f0016066_23646.jpg

岩屋城跡の土手には沢山のツルニチソウが咲いていました。
f0016066_2491144.jpg

岩屋城跡から久留米に向かい、明星山に登りました。炭焼き小屋コースから沢コースを周回しました。車を何処に駐車しようかと右往左往してしまいました。
f0016066_2504378.jpg

ひめの新道には「やまんばのザブトン」「お休み処」「たぬき岩」等の名所??があるらしいのですが、何も分からずに通過してしまいました。
f0016066_2564067.jpg

山頂からは素晴らしい展望が広がっていました。下記写真は久留米市内と背振山系の展望です。写真に写っておられる方からお菓子とリンゴをいただきました。有難うございました。
f0016066_2542254.jpg

山頂には、海外登山150回以上を記録された脇坂氏を偲ぶ「脇坂桜」が植樹されています。もう直ぐ開花しそうでした。
f0016066_2543710.jpg

明星山の登山路に咲いていた花の一部です。オランダミミナグサ、セントウソウ、ヒメウズ、スミレ、ホトケノザ、ムラサキケマン。
f0016066_3275434.jpg

明星山から下山後は八女に向かい雌・雄岳に登る予定でしたが、暑くなってきましたので日田へと帰宅しました。田主丸で三種類の花木を購入しました(1500円)
f0016066_3452598.jpg

by kabuto1952 | 2015-03-29 03:38 | 福岡県の山 | Comments(2)
Commented by 五百枝 at 2015-03-30 23:07 x
こんばんは♪
「ダイヤモンド愛宕山」はキレイですね♪

明星山では、ハイジになるはずだったのでは?
ハイジと言うよりオンジですよね(笑)←シツレイシマシタ
ひめの新道の名所は知りませんでした。
暫く行っていないので、また行ってみます!
そしてハイジになってきます(笑)
Commented by kabuto1952 at 2015-03-31 00:13
五百枝さんこんばんは。ひょっとして登ってハイジされてるかなと思いましてメールしました(笑)「ひめの新道」と書いてありましたよ。間伐用のテープは紛らわしいですね。今週末の雨が明けたらイワサクラに向けてチンタラ南下するつもりですよ(暇人)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 野焼き後の由布岳登山・・・鹿も... 春景色の三郡縦走路と難所ヶ滝。 >>