そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

高城山~諫山、馬ヶ岳登山とゲンカイツツジの咲き始めた岩屋神社。

20日は英彦山を通り越して行橋近郊の低山を二ヶ所歩いて来ました。まず最初に高城山(419m)~諫山(405m)を歩きました。「福岡県の山歩き」には「周防灘を遠望する、苅田町民ふるさとの山」と紹介されています。山麓の殿川ダム湖畔の「内尾薬師」や登山路の千本桜の景は、単なる低山とは思えぬ風格ある縦走路でした。二ヶ所目は馬ヶ岳を歩きました。馬ヶ岳は数年前に一度、御所ヶ岳を歩いた時に時間が足りずに縦走出来なかった山で、今回やっと二つの歴史ある山を繋げることが出来ました。馬ヶ岳は、黒田官兵衛の九州最初の居城として知られ、低山とは思えぬ素晴らしい展望のある山でした。



南原登山口から二つのピークをピストンしました。千本桜の咲く時期に歩きたいコースでしたね。山麓、山頂からは眼下に殿川ダム、苅田町、行橋市内、周防灘が見渡せます。
f0016066_134943.jpg

高城山の山頂には登山口から30分程度で到達します。中世の山城があった所で、砦跡も確認出来ます。山頂からの展望は、曇天の早朝のせいか?残念ながらぼんやりとしていました。
f0016066_1482514.jpg

f0016066_1475194.jpg

下山後は、「内尾薬師」、「宇原神社」、「石塚山古墳」に立ち寄りました。山に登ればこそ色んな歴史的遺跡を見学する機会を得ることが出来ます。「百聞は一見にしかず」・・・見聞が広がって有難いことです。
殿川ダム湖畔の「内尾薬師」は、ダムの堰堤を渡って急な石段を登れば、石灰岩の洞窟に建てられた御堂の中に行基の作と伝えられる木像彫刻があります。この場所は修験道と密教が結びついた国東文化北限の聖地です。
f0016066_255582.jpg

f0016066_261488.jpg

「宇原神社」は、彦波瀲武鵜茅草葺不合尊、彦火々出見尊、豊玉姫尊を御祭神とする厄除開運、安産祈願のご利益で有名な神社です。かの女王・卑弥呼が魏の国から授かったとされる7枚の三角神獣鏡(国指定史跡・石塚山古墳の出土品で国の重要文化財)が奉納されていることでも知られています。
f0016066_21457100.jpg

苅田町役場のすぐとなりにある「石塚山古墳」は、全長130メートルの前方後円墳で、畿内型のものでは九州最大・最古という全国的にも有名な史跡(国指定)です。後円部の石室からは銅鏡をはじめ剣や矛、やじりなどが出土し、中でも現存する三角神獣鏡(現在は宇原神社にて保管)は「魏志倭人伝」に記された女王・卑弥呼が魏の国から譲り受けたものと考えられ、国の重要文化財に指定されています。
f0016066_2151688.jpg

馬ヶ岳(216m)へは大谷登山口から往復しました。
f0016066_244664.jpg

馬ヶ岳城は、行橋市とみやこ町の境に聳える馬ヶ岳と、その山麓にに築かれた山城です。馬ヶ岳の由来は、二つの峰からなる山の形が神馬に似ていることによると言われます。馬ヶ岳城は942年に源経基が築いたと伝えられ、新田氏など歴代城主の伝承が残されています。
f0016066_2443168.jpg

途中の展望台(145m)から見た本丸(右)と二の丸(左)です。太閤岩、官兵衛岩、又兵衛岩がありました。
f0016066_2445790.jpg

展望台からの展望も圧巻でした。下記写真はクリックで拡大されます。
f0016066_2451375.jpg

二の丸跡からの展望です。正面左サイドに高城山、貫山が展望出来ます。
f0016066_343935.jpg

馬ヶ岳山頂(本丸跡)には新田氏の表忠碑が建てられています。
f0016066_37455.jpg

帰路での「花とおじさん」も楽しかったです。ゲンカイツツジ・ミスミソウ・コチョウショウジョウバカマ。
f0016066_3145621.jpg

f0016066_3151281.jpg

f0016066_3154157.jpg

Commented by 悟空さん at 2015-03-21 08:49 x
おはようございます^^
いいですね~低山でも行く道が解るって本当に凄いです。
この山もとっても気になりますが低山の道を調べるまでに苦労しています^^;
スタッドレス交換しました?私も行かないといけないのですが
なかなか億劫ですね^^;
今週は合宿春は素敵な花が咲くのに一番忙しいです(泣)
それも後1年です。早いですね
Commented by kabuto1952 at 2015-03-21 10:09
悟空さんおはようございます。今朝は素晴らしい晴天ですが、部落の祭りの為に山に行けません。とっても残念です。道は調べて行きますから直ぐにわかりますよ。登山の解説本には登山口までの経路が全部書いてありますからね。悟空さんの方が運転も上手いし安全に登山口まで行けますよ。ソメイヨシノが咲き始めたら、アケボノツツジまでアッと言う間ですので、天気の良い日は毎日が登山日と思っています。黒岳は石楠花の時期に行きますよ。
Commented by kabuto1952 at 2015-03-21 10:13
悟空さんそれからスタッドレスはまだ交換していません。月曜、火曜は寒波が来るみたいですし、昨年は九重では4月まで雪が降りました。まだ積雪は無理としても霧氷の景色は狙っています。28日、9日は祖母の霧氷を狙っていますよ。
Commented by kyuujitunituki at 2015-03-21 21:10
kabuto様、こんばんは。
お勤めご苦労様でした。
玄海つつじ開花しましたか。
先日は、まだ蕾状態でした。
九重の雪もほとんど解けていました。
娘も無、大船山登頂できホットしてます。
疲れた~(笑
Commented by kabuto1952 at 2015-03-22 05:47
休日さんおはようございます。娘さんも大船を踏破されて万歳でしたね。私は今から九重山麓に「花とおじさん」に出かけます。お互いに良き休日を楽しみましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2015-03-21 03:33 | 福岡県の山 | Comments(5)

by いーさん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31