そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

前門岳登山と阿蘇外輪山。

27日からロケットの打ち上げ(30日)に合わせて未踏の鹿児島、宮崎の山を歩く予定でしたが、天気予報が思わしくありませんので、中止することにしました。代わりに昨日は、奥八女の前門岳(922m)を歩いて来ました。
前門岳登山口(9:45)~山頂(10:50)~前門岳登山口(11:55)




阿蘇の噴火が激しくなったとの報道でしたので、日田から八女に向かう際に一旦阿蘇に足を向けてみました。かぶと岩展望所から眺めた阿蘇の噴煙はかなり大きなものでした。これ以上噴火が活発化しないことを切に祈っています。
f0016066_28227.jpg

ラピュタの道からの阿蘇の展望です。大勢の方が撮影に来られていました。
f0016066_227197.jpg

f0016066_2335746.jpg

前門岳の登山口に向かう途中に「女津媛神社」に立ち寄りました。わが国最古の歴史書「日本書記」に八女の起源がしるされています。「この地に女神あり、その名を八女津媛といい常に山中にいる。」 四世紀前半、この地を治めていた水沼の県主猿大海が、景行天皇に奏上したことから”八女”の名が起こったととされています。 村内の神の窟(かみのいわや)地区には、女神を祭った八女津媛神社があり、伝統行事が今も受け継がれています。 神社の創建は養老三年三月(西暦719年)と言われ、日本書紀完成の一年前のことです。
f0016066_2503344.jpg

邪馬(ヤマ)と八女(ヤメ)・・・。日本書紀の記述からして、この地に「邪馬台国」が存在したのではないかと再確認しました。
f0016066_250527.jpg

神社に参拝後に前門岳に向かいました。国道442号を走り、笹俣橋から林道に入り5キロ程走れば登山口があります。駐車場はありませんので、路肩に停めて登山路に入ります。雨後でしたので、沢歩きは滑らない様に注意して登り上がりました。
f0016066_353756.jpg

f0016066_3122579.jpg

山頂からの展望は素晴らしいものがあります。眼前に釈迦御前、三国国見、石割岳の山々の展望が広がっていました。
f0016066_3271159.jpg

「福岡県の山歩き」に掲載されている山は90ヶ所ありますが、大半の山は登り終えて、残り9峰になりました。皆低山ですので、蛇や虫の少ない時期に何とか完登したいものです。
f0016066_324428.jpg

f0016066_3293548.jpg

Commented by 悟空さん at 2014-11-29 14:03 x
こんにちは^^
阿蘇山これ以上噴火しないで欲しいですね。
お正月阿蘇に旅行なので両親が心配しています;;
紅葉も終わりましたね~
明日スタッドレスに切り替えて来ます^^/
来週九重は雪になりそうですよね^^/
Commented by kabuto1952 at 2014-11-29 22:29
悟空さんこんばんは。正月は阿蘇ですか。ちょっと心配ですね。マグマ噴火ですから、噴火が長引く可能性がありますね。大穀倉地帯ですし、九州の観光のメッカですから早期に噴火が治まって欲しいですね。来週は高山では雪の可能性があるらしいですね。私は、雪が降った後の晴れる予報の日に朝駆けするかも知れません。大勢の人で溢れるであろう休日の九重は避けたいですね(笑)今年は背振や宝満の雪景色に期待しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2014-11-28 03:49 | 福岡県の山 | Comments(2)
カレンダー