<< 九州の山歩き(四日間)・・・目次。 九州西国霊場巡礼の旅 >>

大平山と青の洞門歩き。

今日(25日)は、大平山と青の洞門の岩場を歩いてきました。大平山(597m)は、青の洞門付近から山頂直下の「ふれあいの森」まで車で上がれますので、山歩きと言うにはほど遠いのですが、一応「福岡県の山歩き」に紹介されている山ですので、ピークだけ踏んできました。青の洞門は「競秀峰」と呼ばれる洞門上部の岩場を歩いてきました。雁股山も直ぐ近くですので、午後から歩く予定にしておりましたが、気温以上に暑苦しく汗ダクダクになりましたので、13時には帰宅しました。幸いに蛇には遭遇しませんでしたが、低山歩きはそろそろ遠慮したい持節となってきました。明日からは九重を経由して高千穂方面に向かう予定です。



「ふれあいの森」は広々とした空間で、新緑がとても綺麗でした。青の洞門付近からは5キロ程度の道程です。雁股山から英彦山までの標識もありましたので、紅葉の季節にでも縦走してみたいですね・・・思っただけですが(笑)
f0016066_1530421.jpg

展望台からの眺めは最高です。真下に青の洞門、八面山、鹿嵐山、由布岳、鶴見岳、九重まで展望出来ます。
f0016066_15534583.jpg

f0016066_1555577.jpg

下山後は青の洞門の「競秀峰」を歩きました。下記の地図は大平山と青の洞門の位置関係です。
f0016066_15575878.jpg

「競秀峰」を歩く前に「耶馬渓橋」を見学しました。長崎式石積工法を取り入れた、我が国唯一の八連アーチらしいです。昨年の水害で、橋の真ん中の欄干が崩落しています。あそこまで水が上がったのですから凄いですよね。日田もそうでしたが、昨夏の水害は本当に強烈でした。
f0016066_1641496.jpg

f0016066_16135878.jpg

耶馬溪は私の家から近いのですが、青の洞門をまともに歩いたのは、小学校の修学旅行以来です。
f0016066_16192985.jpg

競秀峰の岩場には、アオダモ、コデマリの白い花が沢山開花していました。
f0016066_16192326.jpg

清楚な白い花が青空に映えて、耶馬溪の展望を彩っていました。こんな風景を鑑賞することが出来て、思いがけない嬉しい日になりました。
f0016066_163319100.jpg

f0016066_1642785.jpg

歩行路の途中には「妙見堂」と呼ばれる平安時代の貴重な仏蹟もありました。
f0016066_1625361.jpg

帯岩へは立ち入り禁止になっています。岩場に向かう梯子も朽ちかけていますので、とても危険です。
f0016066_1655826.jpg

下山後は、レストランで禅海ソバ(950円)を食べました。なかなか美味かったです。対岸の田んぼに植えられたネモフィラの花がとても綺麗でした。
f0016066_1620560.jpg

ネモフィラ(瑠璃唐草)の花が青の洞門の対岸の田んぼにビッシリと咲いています。素晴らしい風景ですよ。5月の連休中まで開花期があるみたいですから、是非鑑賞に行ってください。
f0016066_1712544.jpg

f0016066_172633.jpg

f0016066_1722275.jpg

GPSによる競秀峰の歩行軌跡です。今は岩壁を彩るアオダモ、コデマリの白い花がとても綺麗ですよ。
f0016066_1732485.jpg

by kabuto1952 | 2013-04-25 17:30 | 福岡県の山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 九州の山歩き(四日間)・・・目次。 九州西国霊場巡礼の旅 >>