そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

霧氷の花咲く晩秋の九重。

今日(18日)はまた九重を歩いて来ました。前日の雨で白銀の世界は一旦リセットされましたので、雨後の冷え込みによる霧氷の鑑賞期待でした。6時に牧ノ戸駐車場に到着した段階では、周辺部に霧氷はほとんどなく、やや期待外れで6時半に中岳に向けてスタートしました。
牧ノ戸登山口(6時30分)~扇ヶ鼻~星生山~牧ノ戸登山口(10時20分)
走行距離 150キロ



沓掛山に到着すると、福岡から来た女性3人が御来光を待ち構えていました。私も三俣山に昇る御来光を眺めようかと10分ほど待ちましたが、連山の山々が白くなっていましたので、霧氷の解けないうちにと白い山に向かって歩き始めました。登山口から沓掛山付近の木々には薄い霧氷が付いていました。
f0016066_195784.jpg

扇ヶ鼻が霧氷で真っ白になっていました。陽が射せば解け始めます。ルートを扇ヶ鼻に変更して霧氷に向かって慌てて歩きました。
f0016066_1972030.jpg

扇ヶ鼻山頂に向けて歩いてるうちにどんどん霧氷が解け始めるのが判ります。気は焦りますが、足が動きません(笑)
f0016066_19105525.jpg

f0016066_19113665.jpg

扇ヶ鼻山麓から、朝日に輝く霧氷越しに祖母・傾山系の展望です。
f0016066_19163758.jpg

そして九重連山・・・。自然が造る一瞬の芸術を満喫しました。
f0016066_19193792.jpg

f0016066_19352891.jpg

霧氷が青空に映えます。
f0016066_19262895.jpg

扇ヶ鼻山頂は先日ほどではありませんが、強風の世界でした。扇ヶ鼻に吹く強風は、木々に霧氷を付着させます。有難い強風と思わなければいけませんね。
f0016066_19285522.jpg

f0016066_19343248.jpg

扇ヶ鼻山頂からの九重連山の展望です。(久住山、稲星、中岳、天狗ヶ城、星生崎、星生山、肥前ヶ城)
f0016066_19375879.jpg

扇ヶ鼻から中岳に向けて西千里ヶ浜を歩きましたが、きつくなって引き返し、星生山だけ登って下山することにしました(笑)朝日に輝く霧氷を鑑賞出来ましたので、今日の目的は完了です。
f0016066_1941968.jpg

星生山麓から霧氷越しに阿蘇五岳の遠景です。
f0016066_19422855.jpg

下山路からの星生山麓です。10時前ですが、既に霧氷のかけらもありません。
f0016066_19501259.jpg

下山後は帰路で耶馬溪の山に登ることにしました(檜原山)。これが大失敗でした。「一目八景」を通過した為に物凄い渋滞に巻き込まれてしまいました。最近は平日登山に慣れきっていますので、休日の観光地の車の渋滞に全く無頓着でした。結局午後からの登山は止めて日田へと帰宅しました。
f0016066_19575082.jpg

せっかく「一目八景」を通過したのですから、下車して観光すれば良かったですね。渋滞にイライラして抜けたい一心でした(笑)
f0016066_2015541.jpg

「冬来たりなば春遠からじ」・・・暑いのも寒いのも苦手です。春が待ち遠しいです(笑)

Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2012-11-19 06:47 x
 いーさん、おはようございます。
またまた霧氷をご覧になられましたね。
霧氷の芸術を拝見させて頂き感謝です。
やはりまめに足を運ばないと幸運には会えませんね。
私は愚図愚図しているものですから霧氷にいつ会えることやら。(笑)
寒さが苦手とは信じられませんね。(笑)
Commented by kabuto1952 at 2012-11-19 07:32
うすきさんおはようございます。ちゃんと気象条件を考慮して霧氷の付く時期を狙うんですよ(笑)寒さと暑さに全く駄目な贅沢人間です。冬は九重の雪景色があるからこそ、引っ張られて足が動いています。有難い山です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2012-11-18 20:11 | 九重連山 | Comments(2)

by いーさん
カレンダー