<< タカクマホトトギス咲く御岳登山 初秋の三俣山、坊がつる、雨ヶ池 >>

初秋の五葉岳登山・・・悲しきトリカブト

21日~23日の三日間で宮崎、鹿児島へと遠征して来ました。21日は五葉岳、22日は御岳(大隈半島)、23日は矢岳(霧島)と、雨天の為に当初の予定の山よりは多少の変更もありましたが、この時期に咲くトリカブト、チャボホトトギス、タカクマホトトギス、ミカエリソウ等の珍しい花の群生の鑑賞目的は達成出来て、充実した三日間の山行となりました。三日間同行案内いただきました外西さんには、毎回のことながら深く感謝致します。

三日間の走行距離830キロ。日田~高森~高千穂~五葉岳~尾鈴山~都城~御岳~えびの高原~矢岳~えびのIC~福岡。車中泊場所・・・都城道の駅、霧島温泉郷。



21日は五葉岳(1569m)にトリカブトの鑑賞登山をしました。外西さんと日之影温泉で待ち合わせをして、トリカブトの群生が密集しているはずの五葉岳登山口へと向いました。この時期の五葉岳山頂付近にはトリカブトの花越しに祖母山系や大崩山系の山々の撮影ポイントがあるとのことで、とても楽しみでした。
f0016066_0331477.jpg

「悲しきはトリカブトの花」でした・・・鹿は、終に毒性の強いトリカブトまで食し始めました。山頂付近のトリカブトの群生は、ほとんどが葉を食べられていました。鹿は草食性の動物ですが、食うものがなくなって、そのうちに共食いまで始めますよ(笑)・・・後方は大崩山の遠景。
f0016066_0411240.jpg

悲しきはトリカブトの花です。この時期に、毒々しく青々として山域全体を横臥して咲くトリカブトですが、大半が鹿に葉を食されて、みすぼらしくヒョロヒョロとして風に吹かれていました。
f0016066_059404.jpg

かろうじて食されずに残っていたアケボノソウです。今年初めて見ました。
f0016066_153690.jpg

五葉岳山頂からの展望です。上段傾山の展望、下段、お化粧山、お姫様山、鹿納山の展望です。
f0016066_185768.jpg

五葉岳からの下山と言えば、昨年の苦い思い出が甦りますね(笑)「初心者要注意」です(笑)。兜巾岳(1450m)を経由しての下山時に、アケボノツツジの桃源郷に見とれ、昔日に鉱山に身を売られて涙した女郎さんの霊魂に引き寄せられる??様に、不気味な鉱山跡の下山路へと迷い込んでしまいました。霊魂がウヨウヨと彷徨っている様な不気味な下山路ですが、アケボノツツジの開花時期は素晴らしい下山路ですよ。見立登山口に車をデポして、是非数名で一緒に歩かれて下さい(笑)・・・私は、山中にては不思議な不可解な現象に時々遭遇しておりますが、この日は不気味なだけで、恐いものには遭遇しておりませんので念の為。
f0016066_1155165.jpg

五葉岳からの下山後に天気予報を確認すると、22日の南九州は雨の予報になってしまいましたので、翌日に予定していた韓国岳への登山は中止して、タカクマホトトギスの鑑賞に大隈半島の御岳へと向うことにしました。途中で尾鈴山山麓のチャボホトトギスを鑑賞しました。
f0016066_1504515.jpg

by kabuto1952 | 2012-09-24 01:50 | 宮崎県の山 | Comments(2)
Commented by 悟空さん at 2012-09-24 13:26 x
こんにちは^^
黄色のホトトギス変わってますね~^^
珍しいお花は魅かれます^^
お天気が悪かったようですが充実した日々を過ごされて良かったですね^^
Commented by kabuto1952 at 2012-09-24 14:01
悟空さんこんにちは。普通のホトトギスよりも一回り大きな花ですよ。北部九州でも咲いてる山があるみたいですから、調べて探しに行ってみます。台風が二つ発生していますので、次回の遠征を心配していますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< タカクマホトトギス咲く御岳登山 初秋の三俣山、坊がつる、雨ヶ池 >>