「ほっ」と。キャンペーン

錦秋の槍ヶ岳その2

3日目の行程 大天荘~大天井ヒュッテ~ヒュッテ西岳~東鎌尾根~槍ヶ岳山荘
3日目はいよいよ東鎌尾根を越えて槍ヶ岳に突入です。大天荘からアップダウンのきつい8キロの痩せ尾根越えが待ち受けています。
キャンプ場の朝は早いです。早朝3時過ぎにはひそひそ声が四方から聞こえてきます。満天の星空が素晴らしく綺麗でした。御来光を眺めるのも登山の楽しみの一つです。
f0016066_2192810.jpg

御来光が上がります。荘厳な風景でした。
f0016066_21202938.jpg

f0016066_21215881.jpg

今回の山行でぜひとも見たかった早朝の光景です。槍ヶ岳ががモルゲンロートに輝きます。
f0016066_21304057.jpg

f0016066_2131141.jpg

早朝6時にスタートして大天荘(2870m)から大天井ヒュッテ(2650m)に一気に下ります。朝方は寒さの為に衣服を着込んでのスタートになりますが、この地点で早くも長袖のTシャツ一枚になりました。
f0016066_21421912.jpg

赤石岳(2768m)に向って喜作新道を歩きます。喜作新道の名称は中房温泉から東鎌尾根に通じるルートを独自で切り開いた「小林喜作」さんにちなんだものです。
f0016066_21371392.jpg

ダケカンバ越しに槍ヶ岳遠景です。
f0016066_21504469.jpg

西岳(2768m)への途上に「ビックリ平」なんて面白い地名もあります。アルプスの展望にビックリするということでしょうか?
f0016066_232044100.jpg

赤石岳山麓を巻けば、ヒュッテ西方まであと1キロです。穂高連峰が眼前に広がってきます。
f0016066_2371375.jpg

ヒュッテ西岳で休息後に水俣乗越(2470m)まで急降下して東鎌尾根に突入します。ヒュッテ西岳では玄関先のの日陰に座り込んで寝ました・・・何処でもどんな体勢でも眠れるのが私の特技です(笑)お陰でかなりの体力回復が出来ました。
f0016066_23274874.jpg

東鎌尾根からの槍ヶ岳の展望です。
f0016066_2342761.jpg

f0016066_23423427.jpg

幾多の危険な鎖場や梯子を通過してやっと東鎌尾根の修羅場を通過します。ヒュッテ大槍から槍ヶ岳の真下を通過して槍ヶ岳山荘を目指します。
f0016066_23561438.jpg

真下に殺生ヒュッテのテントの花が見えます。殺生ヒュッテにこれだけ多くのテントが設営されたのはかってなかった事らしいです。
f0016066_417229.jpg

槍の真下を通過して槍ヶ岳山荘に到達します。槍ヶ岳山荘でも650名の定員に対し1000人を超える空前の宿泊客だったらしいです。この位置から見る槍は不細工ですね。やはり山姿も遠目がいいのでしょうか(笑)
f0016066_5102637.jpg

山頂まで長い行列ができていました。ピーク時は山頂まで3時間待ちの状態だったらしいです。当日のアルプス二大行列です。もう一つは山荘の食堂に並ぶ列でした(笑)
f0016066_510548.jpg

山荘の夕暮れ風景です。先月はこの槍の肩にテント泊出来たのですが、今回はテントの場所がなく山荘泊となりました。
f0016066_5325885.jpg

夕焼けは期待したほど焼けませんでし。8月に見たと同じような夕暮れ風景でした。
f0016066_534587.jpg

この位置からの槍の山姿は何処かに似ていると思いませんか?・・・西千里ヶ浜から眺めた久住山にソックリです。
f0016066_5592657.jpg

Commented by はしやん at 2009-09-25 06:46 x
東大天井から東鎌尾根、槍のコースが、50年前に初めてアルプス入りしたときのコースと重複しています。懐かしいといいたいのですが、東鎌尾根の厳しかったことだけしか記憶にありません。いったんこんなに下がってたのかな、そんな記憶はまったくありませんでした。でも、いい思い出をたどらせていただきありがとうございました。
喜作新道は槍沢を下って、沢沿いの道を上高地に向かったときに通りましたが、あれはほんの一部だったんですね。
Commented by kabuto1952 at 2009-09-25 07:35
はしやんさんおはようございます。懐かしく思い出せましたでしょうか。お役に立ててよかったです。水俣乗越への下りは心理的にも体力的にもきつかったです。220mのアップダウンの後に700mの一気登りですからね。おまけに痩せ尾根で危険でした。流石に「天下の槍」でした。次回行く時は山荘泊だけにしてザックを軽くして行きます(笑)
Commented by 田中久住 からくり at 2009-09-25 10:54 x
先日はお世話になりました。
人生の先輩と行けて度々勉強させてもらってます。
またご一緒させてもらえる機会がありましたらよろしくお願いします

追伸、彼女もいーさんにお会いしたいとの事でした。
Commented by kabuto1952 at 2009-09-25 12:04
からくり君こんにちは。今回の登山では大変お世話になりました。お陰様で槍を満喫できました。3日目が雨で残念でしたね。また一緒に山やキャンプを楽しみましょう。彼女も是非一緒に登りたいですね。その節は宜しくお願いします。
Commented by きのこ at 2009-09-25 17:47 x
いーさん こんにちは~*

夏も秋も日本アルプス遠征なんて・・・素晴らしすぎる~*
「贅沢 贅沢」と思いながら画像を拝見しています。

いーさんは「朝駆け登山をされるので、ご来光の写真が多いですよね*^^* 今度のご来光も本当にステキです。
その場にいたら、多分ウルウルなったことでしょうね。@@"
紅葉も始まって、素敵な登山が出来てよかったですね~*

逆さ槍を見に又行かれますか!!
きっと素晴らしい逆さ槍をゲットしてこられることと思います。

Commented by kabuto1952 at 2009-09-25 18:35
きのこさんこんばんは。確かに贅沢すぎますよね~(笑)まあ山登りのピークが近いと言うことでしょうね。体力のあるうちに楽しんでおきます。10月の中旬になれば九州の山も紅葉しますのでエンジンフル稼働になりますよ。紅葉ツアーに行きましょう!
Commented by 馬しゃん at 2009-09-25 19:59 x
朝焼けのシルエットやモルゲンが凄い。槍ヶ岳山荘での寝心地は如何でしたか?今時期は もう寒いでしょうね
また 今度 お土産話を聞かせてくださいね
Commented by kabuto1952 at 2009-09-25 20:21
馬しゃんこんばんは。槍ヶ岳山荘での朝日や夕日は8月の方が良かったですよ。今回はテントが張れずに山荘泊となりました。私は寝袋で廊下に寝ましたからグッスリ眠れました(笑)翌日が霧雨となりましたので、期待した天狗池の「逆さ槍」は見送りとなりました。
Commented by ごっさん at 2009-09-25 20:59 x
日本アルプスはやっぱりすごい魅力的ですね。
今年は残念ながら、いけませんでしたが、来年は私もきっと行きます。それにしても山頂もすごい渋滞ですね。ちょっと引いてしまいますね。
Commented by kabuto1952 at 2009-09-26 02:22
ごっさんこんばんは。流石「天下の剣」ですね。九州からでは遠いのですが、何回も足を運びたいですね。シルバーウィークの登山客は史上最高だったらしいですよ(笑)一番良い季節ですからやむおえませんね。
by kabuto1952 | 2009-09-24 20:33 | 北アルプス | Comments(10)

登ってきました!あの山この山!


by いーさん